<< おさらい <ローカル料理> 3連休 一日目 ~涙そうそう~ >>

3連休 ~CONVERSATION(S) WITH OTHER WOMAN~

先日、「涙そうそう」を観に行った時、チケットがsold outになっていた映画を発見。


それが「CONVERSATION(S) WITH OTHER WOMAN」
c0103241_0252747.jpg


ちょっと大人のラブストーリー。

沢山賞も取っているようだったし、連休中は特に用事がなかったので(涙)早速翌日に観に行った。



英語で映画を観に行くに、かかせないのが事前あらすじチェック。

この映画は「カンバーセーションズ」という邦題で日本でも1月にシネスイッチ銀座などで公開されてたみたい。


オットはどちらかというとハリウッド系の映画よりもオフシアター系が好みなので喜んでいたけどさ・・・。



この映画のおもしろさは大人の小粋な会話だってーーー。

私の英語力でそれを求められるのはちょと・・・。

しかもアメリカ映画なのにフランスで人気だったなんて、どれだけ小粋なの~!




と行く前からビクビク?しながら行ったら、最終回(9時40分)だったにもかかわらず、満席。


この映画が大人のラブストーリだからかどうかはわからないけど、シートがカップルシート仕様だった☆
広々していてご機嫌♪










さて肝心の映画ですが、この映画のおもしろい点はスクリーンが2分割されていて、男性側、女性側の視点からの映像が写しだされていた。


男性がこう思っている時に女性はこう思っている・・・と同時に観れます。


両方の映像を見なきゃいけないし、時折昔の回想シーンが織り交ぜられ、ちょっと観づらい感はありましたが、こんな手法もあるのね、と意外と楽しめた。


主人公は久しぶりに再会した元夫婦。
NYのホテルを舞台に淡々としたタッチのラブストーリー。
大きな盛り上がりはないけれど、こんなこともあるものね、と身近(少々問題発言だわ)にありそうな話。


映画を観た感想は・・・


女性は強いな、と。

堂々としているし、何が自分にとって一番大事が冷静なの。

男性は素敵な役なんだけど、未練があるのがひしひし伝わってくるし、ちょっと大人げないこともしてしまう。


やはりこれって女性・男性の一般論?



カップルで観てもいいけど、これは女性同士で観てあーでもない、こーでもないと話すのがおもしろい映画かもね。
[PR]
by niaoju | 2007-04-09 01:03 | 日々
<< おさらい <ローカル料理> 3連休 一日目 ~涙そうそう~ >>