<< ブランチビュッフェ ~Raff... naughty dogs!!!! >>

シンガポール国立博物館

オットは大の読書好き&歴史好きである。


そんなオットのリクエストで先日シンガポール国立博物館に行ってきた。


シンガポールの歴史をわかりやすく展示してる、とお薦めされたらしい。




改装を終え、2006年12月に再オープンした国立博物館。


c0103241_0271044.jpg


国立博物館では、14世紀から現在までのシンガポールの歴史を物語形式で展示する「ヒストリーギャラリー」と、シンガポールのファッション、食、映画などをテーマにシンガポールのライフスタイルを紹介する「シンガポール・リビング・ギャラリー」とが常設展示されてます。



ビクトリア様式の建物の中は・・・

c0103241_0333454.jpg


c0103241_0342756.jpg


昔ながらの建造物を活かしながらも、ガラスを多用し明るくモダンな造り。
新旧がうまく融合されています。



さて肝心の展示ですが、実はこちらの展示物には説明がございません!


こんなオーディオガイドを渡されて、この説明に沿って見て行きます。

c0103241_039895.jpg

またピンボケ・・・



このガイド。残念ながら英語のみ・・・。Oh no.....



足元の番号が説明の番号であり、道順も兼ねてる模様。

c0103241_0442396.jpg






見るペースも興味も違うので、オットとは別行動。

見終わった後、歴史好きのオットの感想は「いたって公平だった」とのこと。









シンガポールの歴史において最も暗黒の時代だった、日本軍に占領された'42-'45までの3年間の展示。

やはり日本人なので、胸がしめつけられる思いで展示を見たのだが、その展示は感情的にならず、ある意味「大人な」展示だった。

これが他の国の国立博物館だったらもっと凄惨な展示なんだろうな・・・。


そしてオーディオガイドによる案内の言葉にハッとした。

「広島に原爆が落とされ、日本は敗戦になり・・・。」



もちろん誰でも知っている事実。



日本にとっては人類史上最初の核兵器の惨禍を蒙ったという事実。他の国にとっては原爆は終戦のきっかけになったという事実。



知識として知っていても、日本占領下の展示を見ながらのその説明は私にとって鉛のようだった。



事実を事実として知ること。



知っていたはずだった事実。



違う立場から見た事実。







色々考えているうちに、頭の中でバラバラな知識や気持ちがあれやこれやと顔をだしてくる。



こうなると考えがまとまらなってくるのだが、オットは「考えるということが大事」と言ってくれる。




その言葉に救われながら、もっと考えてみます・・・。
[PR]
by niaoju | 2007-05-10 01:47 | sightseeing
<< ブランチビュッフェ ~Raff... naughty dogs!!!! >>