<< ドーナツが熱い! Tibet旅行記⑥ ~バター、... >>

Tibet旅行記⑦ 最終章 ☆食べ物編☆

Tibet旅行記最終回を飾りますは☆食べ物☆ネタ


早速いってみよ~ヽ(´▽`)/~♪




まずはチベット料理のモモ
c0103241_19502224.jpg

ベジタブル・モモを選んだところ中身のあんはバターで炒めた野菜。
厚めの皮がもちっもちっとして食べ応えあり。
カレーのようなタレをつけて食べます。



こちらはネパール風味のチキンカレー
c0103241_19523574.jpg

本格的なお味!
変なマグカップ、ちょっと笑えるでしょ?






・・・実はチベットらしいものはこれだけ~(泣)

ガイドさん(中国人)が「チベット料理は美味しくないです。日本人には中華が口に合います。」と、これ意外ぜーーーーんぶ中華


<一例>
c0103241_1956021.jpg


洗面器に入ったご飯はご愛嬌としても、毎日(昼&晩)同じような炒め物ばっかり!!!!
しかも食材はほぼ一緒。(これにトマト+卵の組み合わせは常連メンバー)
炒め物以外にも中華料理はあるでしょーーーーーーー(悲)



というわけで、チベットでかなーーり食に対してストレスを抱えていた私達を暖かく、いやHOTに迎えてくれたのがトランジット先の成都





成都で印象深かったものを一挙にご紹介!



四川といえば・・・

麻婆豆腐
c0103241_2035350.jpg


ミニミニのタンタン麺も激うま!
c0103241_2045261.jpg


花椒が効いていて、辛いというより爽やか!!!
鼻からすーーーーっと抜ける感じで、くせになる。


四川の軽食、と言われた品々

左から餃子
ワンタン
タンタン麺

c0103241_2072030.jpg

餃子のタレは甘辛。砂糖がかかってるんだけど、これがまたうまい!
辛党の私が言うから本当です(笑)

ワンタンはこのお店オリジナル。
一番人気だけあって中身のあんもマイルドでいくらでもつるっと食べれます。


シュウマイ、デザート(白きくらげ)
c0103241_2094666.jpg



初めて食べたこんなデザート!
c0103241_20101964.jpg

「ラオザオツ」という名前だと思いますが、甘酒の中にお餅やクコの実が入っている感じ。(アルコール分はないそうです)
甘酒はあまり好きではないけど、これは美味しくって完食!





薬膳料理もたらふく食べて・・・
こちらはほんの一部
c0103241_20131348.jpg



左手前は土蛙の炒め物
c0103241_20143691.jpg



これ以外にも料理が4,5品ありデザートも4品+果物、おまけにサービスでタンタン麺までつけてくれて、さすがの大食い私達でも食べきれません!




でも、美味しいと聞いて、薬膳料理でお腹いっぱいだったのにローカルフードも食べちゃった。


涼麺と甜水麺
c0103241_20175045.jpg

奥が涼麺で、まさにところてん
ところてんに「石垣島のらー油」をかけたらこんな感じ?
でも、これが本当に美味なのよ~。

手前が甜水麺
いかにも手作りの小麦粉で出来た太い麺にこれまた甘辛のタレがかかってます。
甘いと思ったら砂糖がそのままかかってる!
甘い麺なんて~、と思ったらコレがこれが本当に美味。
あーーー、また食べたい!


そしてオットが「もう一度あの麻婆豆腐が食べたい!」と切望した為、飛行機出発2時間30分前にまたしても麻婆豆腐を食す。

どんだけ食べれば気が済むんだ!という見事な食べっぷり(笑)


*食べ物番外編*
成都で一泊してから朝チベットに向かったのですが、
「朝はレストランが開いていないので、お弁当を用意しました」
と、渡された品がコレ



c0103241_20244635.jpg

食パンはただ折りたたんでいるだけで、サンドイッチとかじゃないですよ~(笑)
パンでもザーサイかい!と思わず突っ込みたくなる、四川からのお弁当。







Tibet旅行記、これにておしまい!と、言いながらも最後にもう一枚。


c0103241_20271716.jpg

愛犬と一緒に参拝する巡礼者の姿を多く見かけた。

一緒に参拝することでペットにも功徳を積ませてあげるんだそうだ。

なんとも微笑ましい。


でも、この光景を見る度にそしてヤクの子供を見る度に、

あんずー、さくらーと思い出していた犬離れできない飼い主がここに一人(ん?二人?)

*ヤク(混血種)の子供はさくらにそっくりだったの(笑)
[PR]
by niaoju | 2007-11-04 20:31 | travel
<< ドーナツが熱い! Tibet旅行記⑥ ~バター、... >>