<< アンコールワット旅行記③ ~バ... ただいま~♪ アンコールワット... >>

アンコールワット旅行記② ~アンコールワット~ resort2008

早速アンコールワットから。



アンコールワットの朝日が素晴らしいと聞き、早起きして行ってきました~。



c0103241_23315587.jpg
春分の日、秋分の日は朝日が本殿中央祠堂から昇ります。

ど真ん中ではありませんが圧巻。



朝日に輝くアンコールワットを思う存分堪能し、一旦ホテルに戻り朝食を取ってから、再び出直します。




アンコールワットとは「寺院(によって造られた)町」という意味。
12世紀初頭に造られた巨大寺院です。




c0103241_23365498.jpg
参道の途中、北側にある池の手前は絶好の写真スポット。
池に映るアンコールワットと中央祠堂にある5基の尖塔が全て見渡せます。





c0103241_23401016.jpg
アンコールワットの柱や壁には1560体のデバター(女神像)が彫られているらしい。

当時の王様の好みの女性象?!とまんざらうそでもなさそうな説もあり(笑)。

また連子状窓と呼ばれる格子窓も綺麗なの。




アンコールワットには第1回廊、第2回廊、第3回廊とありますが、第3回廊は現在修復工事の為に閉鎖中です。



第3回廊を下から見上げる
c0103241_23511018.jpg
登った人の話だと、階段の幅が狭く滑りやすく大変怖いらしい。
下から見上げるだけで十分です~。




第2回廊でVIPに遭遇!

c0103241_23552843.jpg
韓国人観光客に囲まれる安部元首相

安部元首相が来ていることを知ったガイドさんのほうが、「今日、安部が来ます!」と大興奮(笑)
呼びつけだけど(爆)

安部さん、お元気そうで何よりです。



第1回廊でまた遭遇。

c0103241_01724.jpg
親日家のガイドさんは安部元首相が気になって気になってガイドどころじゃなくなっちゃった(笑)

そんなガイドさんの為に、後ろに阿部さんを写すつもりだったけど取り巻き多すぎて一緒に撮れず。
残念!


安部さんの登場で話が逸れましたが、きちんと観光もしましたよ(笑)


第1回廊には高さ5m、全長700mの壁面の四方にヒンドゥー教の神話を元にしたレリーフがあります。
c0103241_065977.jpg

どれも絵巻物仕立てになっていて、なかなかおもしろいです。



レリーフの一つに「天国と地獄」があります。
c0103241_095626.jpg
これは食べ過ぎの地獄。
一番下の段の人達、お腹ぽっこりしてるのわかります?

・・・自分の姿を見ているようだわ(怖)




これらレリーフを始め、日本人が17世紀に書いた最初の落書きやら、見所満載なのですが写真多すぎて割愛!えっ?


写真多い=説明も多い、ということで詳細はこちらをどうぞ~。





カンボジアでは4月にもお正月があるらしく、お正月前の今、結婚する人が多いらしい。



シンガポール同様、こちらでも名所で写真を撮るんですって。



この日は土曜日だったので、沢山幸せそうなカップルいましたよ~。



c0103241_0222043.jpg
c0103241_02311100.jpg
c0103241_0235861.jpg
c0103241_0244368.jpg

c0103241_029418.jpg

観光客に写真をせがまれたりと大人気。
[PR]
by niaoju | 2008-03-24 23:22 | travel
<< アンコールワット旅行記③ ~バ... ただいま~♪ アンコールワット... >>