<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

HAPPY HALLOWEEN♪

チベット旅行記まだ未完ですが、本日はHALLOWEEN特別企画。



あんず&さくら 魔女になる~♪






まずはさくらさん。

魔女に変身してみようね~。

c0103241_13242990.jpg




着せた途端一歩も動かず(爆)
c0103241_1325272.jpg





お次はあんずさん。


おっ♪余裕だね~。
c0103241_13253649.jpg






一方、さくらさんはというと・・・
c0103241_13261172.jpg






まぁ、そう言わずに2匹で記念写真撮ろうね(苦笑)
c0103241_20111594.jpg


さくらさん、完全にへそ曲げたご様子。

コスプレ好きかと思っていたあんずさんですが・・・
[PR]
by niaoju | 2007-10-31 19:27 | dogs

Tibet旅行記④ ~ポタラ宮、ノルブリンカ~

さて、チベットといえばダライ・ラマ。


そしてラサといえばポタラ宮

c0103241_171313.jpg

ラサの象徴でもあるポタラ宮はダライ・ラマ5世の時代に本格的に建築され、以後ダライ・ラマ14世の時代まで、住居であると同時に政治を執り行う場所でもありました。

歴代ダライ・ラマの霊塔など宗教にかかわる部屋も多く置かれ、聖の中心でもあります。

まさにポタラ宮はチベットの聖俗両界の中心地。



c0103241_17191729.jpg

高さ115m、総面積41k㎡。

ラサの標高が3650mなので、ポタラ宮の頂上が富士山とほぼ同じくらい。



c0103241_17225624.jpg


もちろんエレベータなどないので、階段でひたすら上ります。



内部は残念ながら撮影禁止でしたが、これまた貴重な品々が盛りだくさん。

見所の一つがダライ・ラマ5世の霊塔で、
高さ17m、5tの黄金!、メノウやダイヤなど1500個もの宝石がちりばめられています。



ポタラ宮にある部屋の総数は1000を越えるとも言われていて、自由に見学できるのはほんの一部、といってもそれだけでもかなり見ごたえあり!


貴重な仏具以外にもダライ・ラマの生活をうかがえるものも多く、ダライ・ラマがチベット人にとってどれだけ特別な存在であったか想像できます。

チベット最高の活仏であるダライ・ラマ。

現在、中国国内においてダライ・ラマ14世への信仰は禁止されてますが、今なおチベット族の心の支えになっているそうです。

こちらは夏の宮殿
[PR]
by niaoju | 2007-10-29 21:08 | travel

Tibet旅行記③ ~ジョカン(大昭寺)、バルコル(八角街)~

どうにかこうにか一夜をしのぎ、引き続き頭痛を抱えながらも、ラサの市内観光スタート。




まずはチベット仏教の大本山であるジョカン(大昭寺)を観に行った。

c0103241_19114550.jpg

こちらは2000年に世界文化遺産に登録され、沢山のチベット仏教の信者が毎日巡礼に訪れます。


寺院の前や、コの字型になっている正面玄関の前では、多くの信者がチベット式の礼拝方法「五体投地」をしながら祈っている姿が見られます。
c0103241_19155389.jpg

c0103241_19161720.jpg



五体投地とは・・・両方の掌を合わせ、初めは頭、次に口、最後に胸に当てて、手を離したら地面にうつぶせになって手を前方に伸ばす。

これを繰り返しながら前進し、巡礼地までこれで!進む人もいるそうだ。

c0103241_19214823.jpg

このように参道でも、五体投地で進む信者の姿もちらほら。




さて、肝心のジョカンの内部は全て写真撮影禁止

実はジョカンに限らず、全ての寺院の中は撮影禁止。
聖なる場所だからごもっとかな。


因みにこちらで最も有名なのが黄金の釈迦牟尼像

寺院内は暗いのに、もうキラッキラッ☆☆

黄金の体にトルコ石、山珊瑚、天珠(チベット三大宝石)やダイヤ、パールで飾られ、あまりの輝きに目がくらむ。

おまけにこの天珠とやらは地球上の物体ではないらしく、この電磁波の為携帯電話の電波までも妨害する、というなんとも不思議なおまけつき。



こちらはジョカンの屋上。


もちろん黄金。
c0103241_1936271.jpg
c0103241_19363687.jpg


バルコルとは・・・
[PR]
by niaoju | 2007-10-28 19:37 | travel

Tibet旅行記② ~ラサの洗礼?~

成都から国内線に乗り、いよいよチベットに入境。


国内線って・・・ものすごーーく違和感を感じつつ、オットから政治的な事を口にしないように、と念を押されていたのでおとなしく飛行機に乗り、約2時間でチベット自治区の首府であるラサに到着。


c0103241_1174531.jpg





空が青い!

雲ひとつない!



そして・・・空気がうすいーーーーー!!!!!



ラサは標高3650m。


標高500mの成都から飛行機で一気に来てしまった故、体が順応できず飛行機を降りた途端に頭・体がだるくなってきた。


富士山よりちょっと低いくらいだから平気だろう(富士山登頂経験者vv)、なんて高をくくっていた私が悪うございました(涙)。





さぁて多少は体がだるくとも、早速ラサの街を見てまわるぞ!と意気込んだものの、

現地ガイドさんから

「今日は体を慣らす為に観光は明日から」とのこと。




( ̄д ̄) エーーーーーっ


せっかく来たんだから、すぐに観て周りたかったのにな・・・・




ふと、隣を見るとオットは大層辛そうだ。

これはしょうがないか・・・と思っていたら、



        


            <約6時間後>



旧市街をブラブラしているうちに、私まで具合が悪くなってきた・・・。

頭痛、食欲不振、吐き気、むくみ
夫婦揃って、高山病を発症。



■ご参考までに対処方法■

1、それ以上高度をあげず、その場に慣らす。

2、水分を大量に摂取する。(1日4L以上)

3、腹式呼吸でゆっくり、深く呼吸する。

4、暖かくしてゆっくり休む。





c0103241_1211975.jpg


この酸素ボンベには旅行中大変お世話になりました。ぺこり






そしてまたもや災難が降りかかる。


部屋のエアコンが壊れてる!!!(怒)

何度も修理を試みたものの復旧せず、部屋を変わるにも生憎満室orz・・・


因みに朝晩の気温0~5℃


小さなストーブを貸してはくれたものの、寒いーーーーー


高山病には暖かくしなきゃいけないんじゃなかったけ???と、ダウンジャケット着て、カイロを握り締め、毛布にくるまり、ひたすらゆっくり&腹式呼吸。



そんなこんなでラサ1日目を終了。
[PR]
by niaoju | 2007-10-28 01:24 | travel

Tibet旅行記① ~成都Ⅰ~

シンガポールを出発し、中国四川省の中心地である成都に到着。


翌日成都からラサ(チベット)に飛行機で移動するという行程です。



到着時、成都はうす曇。

が、現地ガイドさん曰く「今日は晴れていて本当に珍しい!」ですって。

シンガポールのカンカンな太陽に慣れている私達には「これで晴れか???」って感じだったんですけどね。


 

(後日)チベットから帰ってきた時の成都の空港
c0103241_1535372.jpg

↑これが普段の天気。いつもこんな曇り空らしい。

成都は盆地の為湿気が多く、もやがいつもかかっているそうだ。

因みに標高は500m。←この標高が今後の私達の運命を左右することになるとはこの時は全く気がつかなかった・・・





翌日からの日程を気遣い、昼食後はホテルの近所をのんびり散歩するだけにした。

*食べ物ネタは後でどどんとお披露目予定




気温18度。気持ちの良い秋の午後。


公園内では成都名物「茶館」でくつろぐ人がいっぱい。
c0103241_15373454.jpg


成都はとてもゆったりとした街で、このような茶館で、お茶を飲みながらのんびり過ごすそうだ。

テーブルをひっくり返すと麻雀台に早変わり!

お茶を飲みながら、日がな一日麻雀です。




私達も現地の人に混じって、お茶を頂く。
c0103241_15382828.jpg


「花耗峰」というお茶。
お茶と一緒にお湯が入った大きな魔法瓶(家庭用の電機ポットと同サイズ!)も持ってきてくれる。



今回初めて知ったのですが、四川省はお茶の産地なんだって。

それを聞いて早速お茶屋さんに行って、お茶を購入(単純w)。

c0103241_2350838.jpg


またまた、おまけ情報。
四川(成都かな?)は美人の産地とも言われているそうだ。(一番有名な美人さんは楊貴妃
↑お姉さんをご覧頂いてもわかるように、みなさんお肌ツヤツヤ☆☆

これは唐辛子効果????お茶効果????

成都、夜の部
[PR]
by niaoju | 2007-10-27 23:31 | travel

ただいま~♪

季節はずれの夏休みを頂き、オットと旅行に行っておりました☆






向かった先は・・・・









THE ROOF OF THE WORLD

c0103241_3473446.jpg



☆☆☆☆☆TIBET☆☆☆☆☆

c0103241_4125741.jpg







常夏の国シンガポールから、かなーーーりかけ離れた「非日常」。


「非日常」とは旅の醍醐味なり。


が、少々「非日常」過ぎたような・・・。





と、いうわけでしばらくはチベット旅行記が続きます♪
[PR]
by niaoju | 2007-10-27 04:31 | travel

熱々ショウロンポー☆ ~上海南翔小龙~

チョンバルマーケットに行く度に横目で見ていた、このお店「上海南翔小龙」。

買い物に来る時刻だとまだ開店前だったり、とご縁がなかったのよね・・・。


そんな私の心の声を知ってか知らずか、仲良しのEさんからランチのお誘い@上海南翔小龙♪

しかも総勢5人だから沢山食べれる♪



オーダーは全てEさんに任せちゃったw


初めて食べた、焼き?揚げショウロンポー
あっつ、あつ!!火傷注意!
大きいのに、美味しくって、2皿オーダーw
c0103241_3243831.jpg



ショウロンポー
写真だとわかりづらいけど、結構大きめ。ジューシーです♡
c0103241_3255384.jpg




セロリの何か(笑)美味♪
c0103241_328223.jpg





海草(どこから見ても昆布!)炒めが美味~♪ごま油の風味が効いてます。
豆苗はいつも美味しいですわ。
c0103241_3295379.jpg




ジャージャー麺
これもなかなかのお味。
c0103241_3302175.jpg






この他にも炒飯とスープを頼んでお腹いっぱい☆

満足、満足♪

しかも激安だったのよね~。

ここでの物価に慣れたら、他のお店に行けなさそう・・・なんてねw




「上海南翔小龙」Shanghai Nan Xiang Xiao Long
Blk 58 SEng POh Road #01-23
tel 6323-4998
Mon-Fri 11am-2:30pm,6pm-10pm
Sat,Sun 11am-10pm
[PR]
by niaoju | 2007-10-21 03:35 | ☆中華&飲茶

芸術の秋

フラメンコ通の友人Nちゃんに誘われ、フラメンコ@エスプラネードに観に行った。


毎年この時期に行われるdance festivalでは、バレエ、フラメンコをはじめ色んな踊りの舞台が開催されます。
c0103241_17363956.gif



去年来星してすぐに、このdance festivalにてフラメンコ(アイーダ・ゴメス☆)を観てから、もう一年経ったかと思うと、ちょっと感慨深いものがある。



さてさて、今回観たのはCompañía María Pagés (spain)。
c0103241_17445496.jpg



踊りは大好きですが、フラメンコに限らずあまりダンサーに詳しくないので、María Pagésも初めて聞く名前だったし、もちろん舞台を観るのも初めて。



どんな踊りなのかなー、とワクワクしながら幕があがるのを待つのも楽しい。


いよいよ登場!






でかっ!




María大きいーーーーーー!!!!



体格が大きいのもさることながら、踊りが大きい!

腕の動きのダイナミックさにまず目を奪われ、張りのあるきびきびとした動きに目を奪われ、正直びっくりしてしまった。


こんなダイナミックなフラメンコ初めてー!



シンガポールという土地柄に合わせたおかげか、演目もわかりやすく素人の私が観ても十分に楽しめるものばかり。

そしてシンプルだからこそ彼女のダイナミックな動きが映えます!

女らしさもあるけれど、繊細・哀愁というよりは鋼のようなパッション、鞭をいくつも重ねたようなしなやかさ。

・・・うまく伝えられない(涙)


香りで表現すると、まさにむせるような濃い香り、時には太陽の香りもあり、時に花のむせるような香り。

・・・ますますうまく伝えられない(涙)



とにかくダイナミックなフラメンコだったんですよー!
語彙の貧弱さを文字の大きさで誤魔化してます。


そして彼女は自分の長所をよーーーーく知っていて、魅せ方が上手い!

彼女の長い手足、鍛えられつつも柔らかな筋肉(特に肩が本当にしなやか)、大地震が起きても決してぶれないであろうと思われる体の芯の強さ。

それらを最大限に踊りに活かしている。

「魅せ方」というものをこんなに意識させられた踊りも初めて。



そしてそんな彼女の舞踏団だからか、演出がこれまたおもしろい。


斬新!と感じたのは男性ダンサーの靴の動きのみの演目!
靴にドット模様がほどこされ、暗闇の中、足だけがフラメンコのステップをきざみます。

グループでの演目なので、揃っているとこれまた綺麗&素晴らしい!

普段足元をなかなか観る機会がなかったので、これもまた楽しめた。




コンテンポラリーあり、クラッシックありとあっという間の90分だった。


フラメンコは踊ったことないけど、やっぱり踊りはいいねーーーー♪♪


心底楽しんだ夜でした。


誘ってくれたNちゃんに感謝!!!!!
[PR]
by niaoju | 2007-10-17 18:07 | entertainment

KLプチ旅行

週末を利用してマレーシアの首都クアラルンプール(KL)に行ってみた。


旅行の目的は先月シンガポールからマレーシアに引っ越してしまった友達に会いに行く為♪


今回はバスで行ってきたよ~。
c0103241_0315228.jpg

AIREBUS


2階建てでシートも広くて快適、快適♪
軽食やお水もサービスしてくれます。

シンガポールからKLまでは5時間と聞いていたのですが、4時間30分で到着。

お喋りしているうちに、寝る間もほとんどなく着いちゃった。



週末はちょうどハリラヤ
c0103241_0362784.jpg

ハリラヤとはラマダン明けのお祝いで、イスラム教のお正月にあたるもの。
マレーシアはイスラム教の国なので、街中ハリラヤ一色!



で、そんなハリラヤの雰囲気満載の中、どこを観にいったかというと・・・





外からツインタワーを観ただけ(爆)




久しぶりに会った友達とお喋りするのに夢中になっていたことと、ハリラヤだからお店の営業時間がまちまちだったりしたので、観光しそびれちゃったのよね。



せめてツインタワーをご堪能下さいませ。

c0103241_0422791.jpg


c0103241_04257100.jpg

どっちがどっちかわかりませんが、どちらかが日本の企業で、もう一方が韓国の企業が建設したそうだ。
で、2つの国の合作だからか何なのか、真ん中の橋が50センチほどずれているんだって!





美味しいものは当然しっかり食べてきた。


火鍋の美味しい店「HAKKA
c0103241_0483253.jpg

c0103241_0492097.jpg

これ以外にも具材がまだあり、これで2人前(ミニマムオーダー)!
大量です。

火鍋といってもこちらのスープは辛くなく(1種類のみ)、とても食べやすいスティームボート。
スープ美味しかったなぁ。


サイドオーダー(フカヒレ入りスクランブル、マヨネーズ風味海鮮春巻き、イカの揚げ物)もどれも美味。
c0103241_0531240.jpg
c0103241_0533687.jpg






そして夜はKL在住の友達も一緒にホテルに泊まり、またまたお喋り。
女3人集まると話が尽きない!





次の日はゆっくり寝坊して、KLのショッピングモール巡り。

ハリラヤ中でも確実に開いているところ&雨が降っても問題ないところ(マレーシアは今雨季なの)、という理由でショッピングモールを3つはしごしてしまった(笑)。




戦利品はこちら・・・


c0103241_101479.jpg
また食べ物かいっ!!!
















こちらはKrispyKreamのドーナツにそっくりですが、J・COというドーナツ。
c0103241_15417.jpg



友人Kちゃんの話によると、KrispyKreamで修行した人が開業したドーナツ屋だそうだ。
KrispyKreamよりも美味しい?!らしいという噂を聞いたら、買うしかないでしょう~。

15分ほど並んで無事ゲット。


肝心のドーナツは・・・KrispyKreamみたいにフワッフワッ♡
いくらでも食べれるような危険な軽さ。
味も似てはいるけど、Jの方は後味に何か香料が香るのよね・・・。
お値段も当然お安い♪



しかも嬉しいことにJ・COはシンガポールに出店の予定があるらしい!!




って、KL旅行記から大分話が横道にそれてるし・・・(汗)。




今回は本当に喋ってるだけで、あっという間に時間が過ぎてしまった。

次回こそはもう少し遊ぶぞー。
[PR]
by niaoju | 2007-10-15 23:29 | travel

カレー色々 ~Muthu's Curry Restaurant~

年に数回、カレーの神様が降りてくる・・・。


もうそうなると、頭の中はカレー一色!
しかも、「○○カレーが食べたい!」と指定してくるんだな。



先日のお告げはバターチキンカレー&タンドリーチキン



つまり北インド料理ね・・・。



北インド料理もあるところ♪ということでMuthu's Curry RestaurantへGO♪

c0103241_18441988.jpg


こちらのはお店はフィッシュヘッドカレーをシンガポールに初めて紹介した、といわれる老舗レストラン。



今はこんなモダンな店内
c0103241_18454686.jpg



  


早速お告げどおりの品々がテーブルへ♪
c0103241_18471436.jpg

タンドリーチキン・・・ではなくて、チキンテッカというタンドリーチキンの骨なしバージョン。
味は同じでこちらの方が食べやすいからね。




c0103241_18491620.jpg

奥から・・・
バターチキン
プラウンマサラ
スクイッドマサラ


ひらたく言えば、奥から鶏、海老、イカのカレー(笑)



バナナリーフのお皿に盛ってみる。
c0103241_185149100.jpg




そして名物フィッシュヘッドカレー
c0103241_18523619.jpg

どどーん、とお魚が鎮座しております。
これで一番小さいサイズ。日本だったら3~4人前と言われそう。




どれもこれも大変美味でございました☆

ナンも焼きたてで、それだけ食べても(食べ方間違ってる?)美味☆


そしてお告げの品々のチキンがとても柔らかくて満足、満足☆
私に降りてきたカレーの神様も大満足された模様。



全部美味しかったけど、やはり私の好みは北インドみたい。


インド料理はよくわからないけど、私の印象だと・・・

南・・・酸味があって、すっきりした辛さ
北・・・コクがあり、あとをひくお味

なのよね。



こちらMuthu'sでは北も南も両方楽しめるのでお薦めです。



余談ですが、オットはバナナリーフアポロ(フィッシュヘッドカレーの有名店)だと付け合せが沢山だからそちらもお薦めだそうだ(笑)




Muthu's Curry Restaurant
138Race Course Road #01-01
tel 6392-1722
[PR]
by niaoju | 2007-10-12 19:06 | ☆indian