タグ:旅先ごはん ( 25 ) タグの人気記事

Tibet旅行記⑦ 最終章 ☆食べ物編☆

Tibet旅行記最終回を飾りますは☆食べ物☆ネタ


早速いってみよ~ヽ(´▽`)/~♪




まずはチベット料理のモモ
c0103241_19502224.jpg

ベジタブル・モモを選んだところ中身のあんはバターで炒めた野菜。
厚めの皮がもちっもちっとして食べ応えあり。
カレーのようなタレをつけて食べます。



こちらはネパール風味のチキンカレー
c0103241_19523574.jpg

本格的なお味!
変なマグカップ、ちょっと笑えるでしょ?






・・・実はチベットらしいものはこれだけ~(泣)

ガイドさん(中国人)が「チベット料理は美味しくないです。日本人には中華が口に合います。」と、これ意外ぜーーーーんぶ中華


<一例>
c0103241_1956021.jpg


洗面器に入ったご飯はご愛嬌としても、毎日(昼&晩)同じような炒め物ばっかり!!!!
しかも食材はほぼ一緒。(これにトマト+卵の組み合わせは常連メンバー)
炒め物以外にも中華料理はあるでしょーーーーーーー(悲)



というわけで、チベットでかなーーり食に対してストレスを抱えていた私達を暖かく、いやHOTに迎えてくれたのがトランジット先の成都

HOT!HOT!
[PR]
by niaoju | 2007-11-04 20:31 | travel

ハノイ旅行記⑦ ~ちょっと高級ベトナミーズ編~

ハノイ旅行記もやっと最終章。


旅行記最後を飾るのはちょっと高級ベトナム料理店「WILD RICE」
c0103241_18465071.jpg


実はもっと敷居の高そうなお店にも行ったのですが、雰囲気ともに私の中ではこちらが断トツNO1!

このお店では専用の田んぼで収穫したお米を使った料理やベトナム各地の料理が楽しめます。





まずはハノイビールで乾杯~☆
c0103241_1849515.jpg





毎回のように頼んだ蟹とアスパラガスのスープ
c0103241_185133.jpg
実はこれもベトナム料理。
お味は鶏がらスープがベースなので、中華料理のスープのよう。




ワイルド・ライス風チキンサラダ
c0103241_18581868.jpg
店名がついていたので思わず選んだサラダ。
大根に似ている謎のベトナム野菜と生もやしが絶品!
名前を聞いたのですが、ベトナム語だったので聞き取り不可。
多分・・・TURNIP(シンガポールで売っているカブみたいな野菜)だと思うのですが・・・。何かな?



お約束の生春巻き揚げ春巻き
c0103241_1902799.jpg

こちらの生春巻きの皮は少々厚め。
揚げ春巻きは相変わらず美味しい♡




海老の揚げ物衣は若い米←直訳w
c0103241_1924643.jpg
日本で懐石料理を習っていた時、お米の若穂を揚げることがあった。
まさにそれ!
やはり双方ともにお米の国なのね。




チキンのレモングラス炒め
c0103241_1945832.jpg
これは本当ーーーーにデンジャラスな食べ物!
白いご飯が合う、合うーーー!


しかも。



このお店、店名にライスとつくように、お米にはかなりこだわりがあり。



自動的に大きな陶器のおひつに山盛り入ったご飯(多分2合~3合)をサーブしてくれます。

それがまた美味しくって・・・(涙)。


白いつやつやのご飯と↑のチキンが出会った時は、オットと私言葉をなくしてモリモリ食べましたわ。


お腹がはちきれそうになるぐらい食べても、お米が美味しくて「あ、あともう一口・・・。」と大変危険な状況。


今考えても、このお店に行ったのが最終日でよかったわw



デザートはプリン(ベトナム名物)に決めていたのに、残念ながら売り切れ・・・



で、チェーをオーダー
c0103241_19144091.jpg
お米ととうもろこしのチェーは、ほんのり甘いお米のスープ。
ほっとするお味です。






そしてまたまた驚きのプライス。
二人でお腹いっぱい食べて(多分3,4人前)お値段、なんとUS$45!
サービス料を含んでこの価格。

すごい!最高!ブラボー!ハノイ!!




またハノイに来ることがあったら絶対ここに再訪するぞ。
c0103241_1918253.jpg





「WILD RICE」
6 Ngo Thi Nham Str. Hanoi
tel 943-8896

おまけ映像
[PR]
by niaoju | 2007-08-20 19:33 | travel

ハノイ旅行記⑥ ~ローカルグルメ編 ブンチャー☆巨大揚げ餃子☆~

ハノイのご当地麺料理といえばこれ!

ブンチャー

米麺ブンをヌクマムベースのたれにつけて食べる麺料理。
具は炭火で焼いた三枚肉と肉団子、スライスした青パパイヤ。
それにハーブやレタスがたっぷり添えられ、さっぱりと食べられる。

*ブン・・・少し発酵させた米から作った押し出し麺。最もポピュラーな麺。



ガイドブックを読んだ瞬間から私の頭はブンチャー一色・・・



やっと出会えた、念願のブンチャー☆
c0103241_23355538.jpg
c0103241_23364156.jpg
c0103241_23371442.jpg



ヌクマムベースのたれがさっぱりとしていて、見た目よりもしつこくない!
甘辛く味付けされた三枚肉も肉団子も炭火で焼かれ、香ばしくてジューシー♡
これは間違いなく日本人の口に合います!(断言)


そして嬉しいことに野菜類たーーーーーっぷり!
レタス、ミント、コリアンダー、バジル、シソ(に似たもの)、空芯菜の茎を細く裂いたものなど。

またブンチャーを頼むと自動的についてきたのが揚げ春巻き
ハノイのご当地春巻きは揚げ春巻き☆

これもなかなか美味なのです♪


そうそうお値段ですが、これも驚きプライス。
一人前15000VN(約¥105)

ハノイ万歳!!!!

揚げ物ばかりで恐縮ですが・・・
[PR]
by niaoju | 2007-08-18 00:17 | travel

ハノイ旅行記⑤ ~ローカルグルメ編 フォー☆~

やっとグルメ編♪



ベトナムといったら、やはりフォーですよね!


実はフォーの本場はこちらハノイ!


本場で食べるなら、思いっきりローカルの所で食べたい、と調べて行った所がこんなお店↓


c0103241_22233818.jpg

                  えっ?これお店????どこから見ても廃墟だ。




c0103241_22244510.jpgc0103241_22251317.jpg











看板もないし、コンクリート剥きだし・・・いや、明らかに建設途中(爆)。
でも週末の朝7時頃から、この賑わい!お味は期待できます。



この列に並び・・・写真に写ってませんが結構な人数
c0103241_22362889.jpg


注文は大or小。
お好みであげパン、卵をオプションで追加。
c0103241_22375718.jpg
c0103241_22393295.jpg





しばし待つ・・・・






こちらがこのお店のフォー。フォー ボー
ボーとは牛肉のことで、このお店はフォーボー専門店☆

c0103241_22461979.jpg

こちら
ボリュームたっぷり。牛肉たっぷり♪

これで15000VN(約¥105!)だなんて、ハノイ万歳!!!


周りを見てみると、えいやっと麺と具を混ぜ、上に乗っている半生の牛肉を余熱で火を通し、ライムをきゅーっと、お好みでチリやニンニクを入れて、一気に食べる!


この半生(でも火は通っているから問題なし)がたまらない。
まさにしゃぶしゃぶ

他の肉は正直どこの部位か不明・・・多分丸々1頭でしょう。


店内の片隅でスープを取った後であろう、肉の塊を細かく刻んで、またスープに戻し具材にしていたのだが、それを見ても????という部位多数。

深く考えるのはよしましょう・・・




朝早くから行列ができるくらい、このお店はローカルの人にも大人気の模様。

このお顔を見ると、その美味しさ想像できます?

c0103241_2343885.jpg


近くに座っていた女の子(推定3~4才)。
一人でモリモリ食べてましたw



小さな子供からお年寄りまで、みんな朝からフォーをモリモリ。

フォーはやはり国民的麺料理なんだね☆
[PR]
by niaoju | 2007-08-17 23:11 | travel

モルディブ旅行記③ ~食~

私達が宿泊した島は一周徒歩15分の小さな島。


よってレストランも一つだけ。

屋内(オープン)、それに続いて屋外スペース、そしてビーチよりにもテーブルがあり、そちらは主にランチビュッフェとサンデーブランチ用。



c0103241_23362861.jpg

最初の朝が日曜だったので、こちらで爽やかな朝食を。


朝食の卵メニューにエッグ・ベネディクト発見。
カロリーすごそうだけど、大好きなのよねーとオーダーしたらこちらが登場。
c0103241_23404544.jpg
ありゃ?こってりしたオランデーズソースがかかってないぞ。
卵にちょっとかかっているオレンジ色がシトラス風味のオランデーズだそうだ。
想像と違ったけど、これもありかと。

c0103241_013756.jpg

ジャムもトロピカルなラインナップ






レストランが一つしかないので、飽きるかなー?と思ったのは全くの杞憂。


ランチビュッフェもディナー(こちらはプリフィクスのコース)も毎日趣向を凝らしてメニューを変えているので問題なし!


特にランチビュッフェが気に入った。



毎日テーマがあり、ヨーロッパ風、地中海風、タイ風etc。



このランチビュッフェの素晴らしい点は野菜がたっぷりなこと

c0103241_23502014.jpg
サラダだけでも何種類もあり・・・写真はちと違うけど


c0103241_2351270.jpg
サラダコーナーもあり、その場で新鮮はサラダを作ってくれます。
このカウンターの形はモルディブの船。


c0103241_2352221.jpg

出来たてサラダ


c0103241_23525663.jpg

c0103241_23534647.jpg
毎日モリモリ


その場で作る料理も天麩羅!やパスタなど・・・
c0103241_23583455.jpg



もちろんデザートも毎日モリモリ
c0103241_23591048.jpg
c0103241_23593525.jpg

悔やまれるのは全種類制覇が叶わなかったこと・・・


ランチの時のワサワサしつつもリゾートの和やかさがある雰囲気も好き
c0103241_091186.jpg







ディナーは時間が異常にかかるけど、この島でこんな料理ができるのねーと感心しきりのお料理。


ただ明かりがキャンドルだけなので、暗い(笑)
料理があまり見えなかったもの・・・。
なので写真は諦めた

夕日まで頂いてしまったわ・・・
[PR]
by niaoju | 2007-03-02 23:28 | travel